So-net無料ブログ作成
検索選択

年頭に当たり,この1年を占う [カルチャー]

あけましておめでとうございます.

フィンランドでは,大晦日の夜6時から12時間,花火だらけに
なります.この国では,この一晩で,1年の花火消費量のほと
んどを使ってしまうということなのです.ヘルシンキでは200万
発の花火が一晩で打ち上げられたそうです.すごいね.

で,私はなにをしていたのかというと,フィンランド人の友だち
んちのパーティーに行ってきました.20代後半~30代の人が
集まっていて,赤ちゃんがいたり,楽しい雰囲気で飲んだり食
べたり.そのとき,1歳児に読んで聞かせる絵本に書かれてい
る文章がちゃんと読めるようになっている自分に気づいたわけ
ですが,ああ,まだ1歳か・・・などと思った2005年大晦日でした.

小さい子もいるということで,9時過ぎに一度打ち上げ花火を友
人宅近くの公園でやりました.そして,また家に戻り飲んで食べ
て・・・だったのですが,この日,大変失敗したことに,非常に寝
不足で(3時間ほどしか寝ないで)参加してしまい,途中もう眠くて,
1時間ほど仮眠をとらせてもらい,それからいよいよ本番!

その友人宅からほど近い,ヘルシンキでも夏になるとみんなピク
ニックいくというので有名なseurasaariという島へ渡る橋から,ヘ
ルシンキ中心部で開催されていた花火を見ました.もちろん自分
たちの花火も持参ですから,そこから打ち上げもしました.

橋は海の上なので,すごい風が強くて,実際よりもとても寒く感じ
ました.が,橋からはヘルシンキとエスポー(ヘルシンキの西隣の
市)で打ち上げられていた花火が同時に見れて,すばらしかった
です.

実は,そこらじゅうで花火が打ち上げられているので,「ひゅ~~
ばーん」という音がして,私は戦争は知りませんが,「空襲ってこ
んなかんじかな,すごい怖い」と新年に向けての花火だっていうの
に大変ネガティブな妄想をしてしまったのですが・・・そのくらい,切
れ目なくあちこちで花火があがっていました.

さて,お正月近くなると,こちらのスーパーのレジのところに錫でで
きた小さな馬の蹄鉄が売られるようになります.これは,熱で溶か
して,それを水にいれて,そこでできた形で今年を占うというのに使
います.わたしも,花火が終わって友人宅にもどってからやりました.

ピンボケですが,蹄鉄の形

外でやるのは寒いので,レンジの上で温めました.
熔けたらバケツの水に勢いよくいれる!

で,私は2つできました.

「このくちゃくちゃな感じが富をあらわすから,すごいお金に恵まれ
るよ」
そうですか.ほんとにそうだといいんですけど.

「あと,このできた形でできる影ね.これ,何に見える?」
何かな...あー!うーん?

「この見えるものが,今年1年を暗示しているんだよ」
へー.おもしろい!

というわけで,私はこんな一年だそうです(笑).

こちらでの生活も実はもうそんな長くないので,穏やかに毎日を暮
らしていきたいと思います.


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

kaoru

おはようございます。日本でもカウントダウン花火ってポピュラーに
なりましたがそちらじゃ大晦日で1年の花火消費量のほとんどを使って
空襲を思い起こす様な感じって凄いですねぇ。でも花火って大好きだから
一度でも良いからそんな中で新年を迎えてみたいものです。
馬の蹄鉄を溶かして今年を占うって面白いですね。
穏やかな日々が過ごせると良いですね♪
by kaoru (2006-01-02 07:09) 

minori

こんにちは!遠くから見た花火は本当にきれいでした.でも,家に帰るのに中心部に向かって歩いていたら,歩けないくらいのよっぱらいも結構見かけたので,花火も含めて中心部は本当にすさまじい光景だったのではと...もしまた機会があれば,今度は中心部で見たいなーと思います.怖いもの見たさに近いものがありますが(笑)...あ,よく考えてみると,今年はお天気に恵まれていたのですよ.風は強かったけど,雪も降らず,晴れていた.気温が少し高かったのが難点でしたけど.だから数キロはなれた島からも遠くの花火が良く見えた.そういえば,日本の花火のように,1つ1つの作品を鑑賞するというかんじではなく,縦横無尽にばんばんあげてました.そんなに一斉に上げたらもったいないよ!っていうくらいでした.
by minori (2006-01-02 16:07) 

あけましておめでとうございます。
私も今、フィンランドに滞在しています。
花火、こちらでもすごかったですよ。
どっちを向いても花火、日本の花火大会は主催者と打ち上げ場所が
決まっているけれど、ここでは各自めいめいに気まぐれに…。

大晦日の鉛の占い、私もやったことがあります。
今年は残念ながらやらなかったけれど、
サーミのコタの中で焚き火であぶって。
影絵にしてそれが何に見えるか、なんて、想像力豊かになりますよね。
by (2006-01-02 20:07) 

minori

あけましておめでとうございます!おー,フィンランドでお正月でしたか!やっぱりどこもかしこも花火だったんですね.本当に各自めいめい気まぐれにという表現,ぴったりです(私たちもそんな風に打ち上げてましたし).雪の中であの占いやったことがあるなんて,風流ですね(すっごい寒そうですけど).人それぞれ影が何に見えるか違うので,人の意見を聞くのも面白かったです.
by minori (2006-01-02 20:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。