So-net無料ブログ作成

ライブハウスの1列目で何もしない [カルチャー]

先週,代理でライブに行きました.
apocalypticaというバンドのライブでした.
メタルなんですけど,楽器はギターではなくコントラバス
を使ってて.そんなんで変わってるというので有名だそ
うです.実物が見れるというのは大変貴重なのだそうで
すが,今回も私は観客の観察目的で行ってきました.

音楽そのものについては,自分自身が心配になるくらいど
の曲も同じに聞こえてしまいました.
3人いるメンバーのうち,2人は長髪なんですけど,時々頭
を回しながら,コントラバスを弾いてました.指の位置とか
間違わないかと心配するほど激しく,二人一緒に頭をぐる
んぐるんまわしているのをみて,ああ,連獅子だなーと思っ
て見てました.

会場は,去年行ったクリスマスライブと同じ「フィンランドの
日本武道館(ビッグになったら必ずコンサートをやりたい場
所)」ともいうべきTavastiaで.収容人数については武道館の
比ではなく,600人程なんですけど.
前から1~5列のコアなファンは,一緒に連獅子をやったり
のりのりだったのですが,しかもそれは真ん中辺だけ(しか
も,フィンランド人じゃない人が多かったし).ちょっとそのゾ
ーンから外れると,もうやはり棒立ち.

一列目でも,長髪で長年メタルが大好きっぽい風情のおじ
さんが,腕組みをし,微動だにせず,じっとステージをにら
みつけていて.とてもスピード感あふれる音楽なのに,これ
でじっとしているのも難しいだろうと思うのですが,全く動じ
てませんでした.
これぞ,フィンランドでのライブの楽しみ方か.
私も次回,行くことがあれば(あるのだろうか…),ぜひ「ライ
ブハウスの一列目で何もしない」を実践したいと思います.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。