So-net無料ブログ作成

新フラットメイト登場 [住居]

今日からまた3人暮らしになりました.
今度はフランスからのかたでございます.

どうやら家事全般が嫌いなようです.
掃除,料理,洗い物などなど
「そーゆーのに時間かけるのってどうかと思う」
という意見だそうですが.

自分の部屋はどんなに散らかしてもいいので,
共通空間だけは片付いているように,自分が
気づいたらやる,という申し合わせをいたしまし
たので,がんばっていただきたいと思います.


似た境遇 [住居]

うちの下に住んでいる友だちと私は,よく似た境遇にありまして.
我々のフラットメイトはスペイン人で,そのスペイン人同士が友
だちだったため,この1月末まで彼らにほとほと参らされていた
という共通点があります.
うちのフラットメイトがいなくて,あーよかった,と思っている時,
うちのフラットメイトがその子のフラットにいて,私がスペイン人
だらけでうるさいなーと思っているとき,その子は,みんないな
くてよかったーと思っていたという.
なんか同じ渦に巻き込まれていたというかんじでしょうか.

で,先日うちに新しく,再びスペインからフラットメイトがいらっ
しゃったわけですね.最初はもう本当にどうしようかと思ってい
たのですが,これがまたすごいいい子で!前に比べれば,誰
でもすばらしいと思うかもしれないけど,そのようなことがなくて
も,すごいいい子だと思うくらい.よかったよかった.
まあそれはさておき,突然現れた新しいフラットメイトに気が動
転していた私は,彼女がやってきた日の夜,この前述の友だち
のうちにちょっと用事があったので,出かけていき,ついでに,
その日何が起きて,どのようにして彼女が突然現れたかなどを
話していたわけです.
いつまたスペイン村が復活するとも知れない危機的な状況に陥っ
て憔悴しきる私...同じように数ヶ月間スペイン人に悩まされて
きた我々なのに,私だけスペイン人の新同居人がきて,なぜあ
なたには来ないのか!ここにも新しいフラットメイトがくるんじゃ
ないの?
「いや,管理事務所で調べてもらったら,うちには,少なくとも6月
末までは新たな同居人が来る予定はないって言われたし」
こんなに住み心地のいいフラットを独り占めできるなんて,うらや
ましすぎる!
と,その日はため息混じりに,私は悪態をついていたのでした.
(でも新しい子はとてもいい子なので,今は本当によかったと思っ
ています)

というのが,10日ほど前の話なわけですね.

ところが.
今週の火曜日.この階下の友だちが,
「とうとううちにも新しいフラットメイトが来ることになった,という
ことが昨日分かったんだ.それも人づてに聞いて」
と言う.
「しかも,スペイン人」
きゃー,お,おめでとう?
「もー,すっごいうれしくって」
・・・本気で言ってるの?
「もちろん皮肉」

新たにいらっしゃる方は,なんでも,うちにかつていたスペイン人
が出て行った理由(スペイン人と一緒に住みたいから)と同じだそう
で,スペインからの留学生がたくさん住んでいるこの地区に引っ
越してくるとのこと.あとは,この友だちのフラットはソファーがあっ
たりとやたら居心地がよいのだけど,新同居人さんはパーティー
などで訪れたことがあって気に入っていたらしく,誰も住んでいない
ことを知ってて,狙っていたという.

今度の日曜に引っ越してくるという話だったのですが,昨日,予定
が変更になり,金曜日になったということで.今日だね.
友だちも,あっけなく一人暮らし終了.しかも新同居人もスペイン
人.

私も話し合わなきゃ,と言っていたけど,この友だちも「まず明確
なルールを作らないと.えーっと,平日はパーティーをやらない,
開催する場合は,少なくとも2日前に言うこと,とか」と,戦々恐々.

あまりに似てて笑える.

今後どうなっていくか.ちょっと楽しみです.


お待ちかねの(半笑) [住居]

恐れていたことが現実になりました.

昨日,見知らぬ人宛の郵便がうちに.
ま,まさか
と思ったら

その直後に,新しい同居人登場.

なんと
また
スペイン人だという.

ま,またあのスペイン英語を聞く日々が!!!!!
あ゛ーーーーーーーー

100%の確率でスペイン人が同居人っていうのは
ある意味すごい.

今回の子は,お父さまといっしょにいらっしゃった.

今回こそは,うちが再びスペイン村にならないよう,
お互い,いろいろ話し合いながら,がんばっていき
たいと思います.


念願の [住居]

フラットメイトのお二人が帰国やらお引越しやらで
いなくなったので,新しい人がくるまでの間,しば
らくこの広いうちを独占できそうです.
一人暮らしできることがこんなにうれしいなんて!

ほんと,しばらく誰も来ないでほしい.


締め出し [住居]

また,自宅の部屋の中に鍵をおいたまま,部屋から出てしまった.
廊下に出てから,それに気づく.
部屋はオートロックで,一度やってしまってひどい目にあっているか
ら,あれほど気をつけていたのに...ここに来て,気の緩みか...
業者を呼んだら,今回は10分で到着.そしてまた6ユーロ払う.
週末なら20ユーロとかみんな言っていたので,それを思えば金曜
日でよかったのかも.

この日は,スイスからきてた友だちが帰国する日だったから,最後
のランチに間に合うように行きたいと思っていたのに,それにも遅
れてしまった.
今朝,鍵を部屋に置き忘れてしまって・・・と理由を話したら
「えー,わたしの鍵でも入れるでしょ」
「わたしのでだってあなたの部屋に入れるわよ」
とか言われて,何だろう?と思ったら,みんな研究室に忘れたと勘
違いしてた.


ホラーハウス [住居]

「今週スペインから友だちが来るから」
といって,ほかのスペイン人の友だちのところに
あったというベッドをルームメートが友だちたちと
運んできた。

ダイニングに置いて一言。

「使い終わったら,ソファーとして使えばいいよね」

う・・・ん,そうだね。

内心,もうこれ以上人が集まりやすくなる環境にし
なくてもいいんじゃない?と思ったけど,何もいわ
ず,部屋に戻った。

今夜もたくさん人が来ているような気配がしていた。
続々と集まっているかんじ。だが,急におとなしく
なった。あした学校あるし帰ったかな?と思い,部
屋からでたら,ダイニングの電気が消えている・・・
けど,実はみんなそのベッドをさっそくソファーにし
て,パソコンで映画をみていたのだった。

ちょっと驚きのあまり,近くにいた子に質問してみる。
何みてんの?
「ムービー」
見りゃ分かるよ,そりゃ。

どうやらホラー映画のようです。


今日は何人? [住居]

私の住まいは,私も含めた3人で共有しています。
が,気がつくと,知らない人がいます。
今日は静かな夜だ,と思っても,朝になると,キッ
チンで知らない人に挨拶されたり。
いったい何人いたんだ?と思う毎日。
今日から授業が始まることから,そろそろおとな
しくなるかと思いましたが,今夜も気がつくとやっ
ぱり知らない人が。

うーん。


予想外 [住居]

こちらにきて,ほとんどが自分の予想していた範囲で
物事が進んできたのですが,これだけは違ったという
のが,同居人でした。

2人とも,スペイン人。これが一番予想外。周りに今ま
でいなかったので,対処法も分かりません。

いい言い方をすれば,とても元気がよく,毎晩お友だ
ちが遊びに来て,にぎやかです。

話し合う前に勝手にルールを決めて,楽しそうです。

「スペインでは,夜10時から夕飯だから」
って,フィンランドに来てもそうしなくてもいいんじゃな
い?と思いますが。


オートロック [住居]

住んでいるアパートには,2つ鍵があります。

1.建物・共用部屋に入る鍵(どの部屋も入れるのかな?)
2.自分の部屋に入る鍵

今朝,何も持たずに自室を出て,ふと見たら自分の部屋の
ドアが閉まっている。

…え?…えー!!!

なんと,自分の部屋もオートロックだったのでした。
ずっとあけっぱだったから気づかなかったー(泣)

そして,まだ,同居人もいないため,助けも求められず。
この事件が起きたのは,朝の9時前。

携帯電話も財布もないし,なにもできないじゃん!!

とりあえず10時まで待って,奇跡的に玄関に出しっぱなしだ
ったコートとブーツを履いて(部屋はなにげにあけっぱにして
おいた),住居斡旋財団の事務所まで行ったら,営業時間は
「午後1時より」
えー!(泣)

そんなこんなで,1時まで待って,電話をしてもらい,さらに待
つこと1時間,サービスセンターからやっと人がきた。。。

自分の部屋の鍵を開けてもらい,ありがとう!って思ったら,
「6ユーロです」
だって。

今日の気温は16度。ずっと外にいるのは,さすがに寒かった
です。

自分の部屋を一歩でたら,もう外なのだ,ということなのだな…
そんなことを覚えた日でした。


お迎え [住居]

いよいよ出発を1週間後に控え,何もしておらず,気ばかりがあせる
今日この頃。

さて,大学から空港にお迎えの学生さんがくるということになっていた
のだけど,最初にメールをくれたチューターは仕事でいけないといっ
ていた。そこで,先方の担当者に事情を話したところ,つい先日まで
日本に留学していたGくんに,私の迎えに行ってもらうことにしたという。
ありがとう。
そしたら,その直後に,チューターEくんから「他のチューターMくんに
行ってもらうことになった」という連絡が。
情報が錯綜している。。。でも,空港に来てくれるのはとてもうれしいの
で,いいです。どうもありがとう。

そして,せっかく部屋を8月から借りているのに,入れないのではもった
いないけど日曜日だから事務所閉まってるし,鍵とかどうしたらいいの
か…委任状とかいるとか連絡にあったな。。。と思っていたら,大学の
ほうで,すでに手続きをしてくれて,Gくんがとってきてくれる手はずになっ
ていると連絡がきた。ほんとよかった。

そんなこんなで,28日はGくん(とチューターMくんも?)が空港にくるこ
とになっている。

そしたら,私の行っている大学に留学経験があり私も会ったことのある
Aくんからも,今朝になって空港に迎えに行くよという連絡が。
日曜日だし,かぎがなくて入れないだろうから,うちに泊まってもいいよ
という申し出!ちょっとじーんときてしまった。

でも,すでにGくんが空港に来ることになってて,部屋の鍵も彼が持って
きてくれるんだと返事をしたら,AくんはGくんとすでに友だちという。じゃ
あ,私からもGくんにAくんも来るかもと伝えておくね,という話になりまし
た。
というわけで,Aくんは,空港か,私の住むところのどっちかには28日に
来る予定。

一人で到着してからすべて自分でと思うと心細かったけど,何人も空港
に迎えに来てくれるとなると,なんかちょっと笑えるっていうか・・・いよい
よ楽しみになってきました。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。