So-net無料ブログ作成

シベリア経由で [荷物]

帰国してから昨日まで続いた再びよろしくお願いしますキャンペーン
を中断し,本日より,大学のある街に引っ越しました。
久しぶりに大学の研究室にきました。

驚いたことに,帰国当日にヘルシンキからエコノミーで出した荷物が
「先週金曜日に1つだけ先に届いていた」
といわれ,ええええ,だ,大学宛には,い,5つ送っているんですけど
あああ,ああとの4つはあああ?
と,ガクブルものでしたが,
なんと,今日,残りの4つが届きまして!

今日にでもフィンランドにいたときにやっていた研究が再開できますよ
というかんじに。。。

一緒に送ってしまっていた研究室の鍵も,箱の中から発見。よかった。

よれよれ段ボール箱も,どこかで破裂して中身が飛び出たのではないか
と心配していましたが,そんなこともなく,ちゃんと届いていました。

反動で研究室が爆発したみたいになってますが・・・

先に届いていた荷物は,税関チェックに引っかかったようで,「開けました」
とのシールがついていました。中身が文献のコピーばっかりで,検査官の
方もさぞかしがっかりされたことでしょう。

でも実家に送った荷物がまだ届いていないんですよねー。
どういうことなんだろうか。


国際返信切手券 [荷物]

200円分の切手を張った封筒を日本に送らねばならないという
事態が発生したのですが,ちょっと急いでいたので,国際返信
切手券を同封して送ることにしました.

この国際返信切手券は,引き換える国の郵便局で
「1枚につき航空または優先扱いの普通郵便物の最低料金
に相当する郵便切手と交換することができます」
のだそうで,日本ではこの券が海外に送るために必要な切手の
金額,つまり130円の切手になるそうです.
200円分,ということで2枚送ることにしたのですが.

フィンランドでは,この券の値段が1枚1.55€(約220円)なんですね.
ちょっと高いね.まあ,それはいいんですが.
でも,買うときに
「この券は,フィンランド国内で交換したら,65セント(90円)だけど」
言われまして.
そこがちょっと腑に落ちないなって思いました.


vs. 郵便局 10 [荷物]

フィンランドに来て半年以上が経過し,いまだにこちらの
郵便局にぎゃふんと言わされ続けている今日この頃.

先々週末に,日本に送ねばならない急ぎの書類を無事
送って,期限に間に合ったなと思っていたところ,先週の
水曜日,ストックホルムから戻ってみたら,うちに日本に
宛てたはずの手紙が戻ってきていた.
郵便局からのはがきが一緒に.

こんなはがき.

ちゃんと規定の料金を払ったはずだったけど,封筒が重
いという理由で戻ってきたのかな?うーん.

というわけで,ヘルシンキの中心部に行く用事があったの
で中央郵便局に行ったら.

郵便物については,
「こちらの間違いです」
と裏面に書いてあった住所に間違って送ってしまったとあっ
さり認め,私の名前,住所のところに大きく×を書いていた.
ちゃんと「差出人」とまで丁寧に書いておいたのに...ふーっ.

そして,上のはがきは,この戻ってきた郵便物とは別に
「あなたに大きなサイズの郵便物が届いています」
というお知らせで,うちの近所の郵便局にあるという.
まったく手間のかかる...何ではがきに郵便局の名前書い
てないのか.この絵の下のほうにあるバーコードについてい
る番号をネットでトレースしない限り,どこの郵便局にあるか
わからないなんて.はがきのデザインがかわいらしいだけに,
かわいさあまって・・・というかんじ.

届いていたのは,日本から届くのをとても楽しみにしていた
と素敵な食料品だったんですけど.たけのこにはちょっと
目頭が熱くなりましたね...Uさん,いつもどうもありがとう
ございます.いやー,それにしてもこの先どうなるんでしょう
ねえ...あ,送っていただいた本の話です.

まあ,いただいた郵便物,そんな大きくなくて.上のはがきみ
たいに,郵便やさんの押しているかごからはみ出すほどでも
なかったので.窓口の人に
「これが『大きいサイズ』なの?」
と聞いたら
「ええ,そうですよ.ポストに入らなかったから,大きいサイズ」

・・・・あ,あー,そーですか.

今回は,袋は崩壊していませんでした.


vs. 郵便局 9 [荷物]

先日のパーティー(前エントリー参照)で,ドレスが必要になった私は
母にこちらに送ってほしいとお願いしまして.ちょうど2週間ほど前の
話なんですが.

それで,母が注文の品と他にも日本のお菓子を送ってくれました.
伝票に,商品の値段を事細かに書けと郵便局で言われた母は,何
を思ったか,ドレスや靴(も送ってもらった)の値段を,私が実際に購
入した金額よりもぜんぜん多く記入.だめだよ!そんな高く書いたら
税関引っかかっちゃうよ!もう何度も着てるのに,それらを買った値
段より高い税金払わなきゃならないかもしれないじゃん!値段分から
ないときは,聞いてよー!
と,大騒ぎしていたのが,最初にお願いした週の週末.

それから数日後,EMSの番号をトレースしていて,中央郵便局で動き
がなくなったのをみて,やはり・・・とは思っていたけど,先週の水曜日,
「税関あずかりだから,中央郵便局までいらっしゃい」という伝票が到着.

忙しかったので,次の木曜日,学校が終わってからヘルシンキ中央郵
便局へ.

夕方5時までのところ,到着したのが4時40分ぎりぎりセーフといったと
ころか.

担当は,前回も税関に引っかかってここにきたときに携帯電話でひっ
きりなしに話していた男性だった.

前の人がつかえていて,5時過ぎに,ようやく私の番が来た.
この伝票に書いてある値段は間違いで・・・という説明を始めたところ,
「学生?」
え,はい.
「学生証か,在学証明書ある?」
・・・いまないですけど
「もしそれがあれば税金払わなくていいけど,ないなら税金払わなきゃ
いけないよ.というわけで,じゃ,また明日」

と伝票を突っ返され,あっけなく終了.何だよそれ.

でもいいこと聞いた.「在学証明書があれば,税金かからない」のか.

要するに,日本に持って帰ることを前提にこちらに送ってもらうものに
は税金がかからないという話なんですな.

次の日.朝から,在学証明書をもって再び郵便局へ.

今度の担当は女性.在学証明書を見て,
「あー,よかった.これがあればねえ」
といいながら,私の荷物を持ってきた.
「じゃあ,あけて」
あの,この値段は間違いで・・・
という説明をしてみたものの,関税がかからなくなった今,彼女はドレ
スや靴には見向きもせず,質問はお菓子に集中.

「これは?」
おせんべいです
「これは?」
あ,これも米でできたものです.

そして,かりんとうのパッケージ(リアルな写真のパッケージ)をみて,
「これは?・・・肉?」
え?砂糖の塊です.
「えー,肉に見えるわよねえ,ねえ?」
「肉みたいね」
となりの職員まで参加.
もー,だから,砂糖なんだってば!

さんざんお菓子について質問されたあと,開放され,無事荷物を
取得.

こんなでしたけど,パーティーにも間に合いました.
よかったです.


船便 [荷物]

今年に入って,郵便局との戦いももう終わりだろうと思っていたのに.

先週,家に帰ったら,荷物が届いてました.
待ちに待った,Uさんが送ってくれただってことはすぐ分かりました.
EMSではないので,家まで届けにきてくれたんですね.
そこまではいいんです,そこまでは.

でも,こんな状態でとどいてました.

な,何事だ!!!!!!!

袋はびりびりにやぶれ
荷造り用の硬いひもテープでぐりぐり
そして本が1冊,別にビニール袋に入って...

何これ!?

船に1ヵ月半ゆられて日本からやってきた本とおかしたち...
おそらく,インド洋やスエズ運河を経由してきたと思われます(分かりま
せんけど).それなのにこんな変わり果てた姿に(涙)

送り主に尋ねたところ,どうやら中身は何もなくなっていないようなので
すが.どうして,どこでこんなことになるのやら.でも,この処遇からいっ
て,おそらくこの国の中でこのようになったのでしょう.

日本の郵便局とか宅配業者の扱いが乱暴で包装が破損した場合って,
何かあるのかな.例えば,タオルをくれるとか?

Finland Postiは,ごめんもないからねえ...文句言っても,「届いたから
いいじゃん」って言われそうだし.


SAL便 [荷物]

Oさんご夫妻からお年玉が届く予定になっていました.
例によって好きなテレビ番組を録画してくださってDVDに
まとめていただいたものを送ってくださったということで.
本当にいつもありがとうございます.

今回はSAL便で送ったというので,大変期待していました.
EMSでないので,サインがいらないし,しかも郵便だし.

そしたら,やはり家のポストにちゃんと入っていました.
昨年の30日に投函されたということなので,2週間弱かか
りましたが,うちまでお届け.

SAL便は航空便の一種ですが,そこはやっぱり値段も経
済的なだけあってゆっくり.ちゃんと届いているかが配達
されるまで分からないという不安があります.
EMSは,いまどこにあるかが一目で分かるので,ちゃんと
行ってるかなという心配については解消.なかなか受け取
れないのが難点ですが.

どのサービスも一長一短.
でも,家まで届くというのはいいものです.


vs. 郵便局 8 [荷物]

2006年明けて1月2日.
昨年末とどいていた荷物を取りに行こうと思い外に出たら
郵便配達員に遭遇.
直接対決である.

わたしの疑問は
[なぜEMSなのに,早く,しかもうちまで届かないのか]
この一点に尽きる.
どーいうことなの,これは.

すると,おやじの答えは
「速達(EMSのこと)の配達員はカギがないから」

はあ?どーいうことそれ!

食い下がろうとする私に,それ以上言うことはないと言わん
ばかりにエレベーターに消えたおやじ.

どういうことなんだ?

なんと言ってよいか表現も見当たらないほどくやしくなりなが
ら,郵便局に直行.

今回の伝票をカウンターの人に渡しつつ,質問.
どういうことなんですか.EMSなのに,早く受け取れないとい
うのは.エコノミーよりもプライオリティよりも高い料金を払っ
て送ってもらっているのに,しかも配達したというその時間に
家にいたのに,荷物を一度も受け取ったことがないんですよ!

すると,郵便局の回答はこうだった.
「EMSの場合は,空港に荷物がついた時点でPasila(ヘルシン
キ市内の地名)にある郵便局に行きます.その郵便局に到着
したら,そこから車で配達をしに来るということになるのですが,
その郵便局の配達員は,この地域のアパートのカギを持って
いないため,中に入れないので…」

確かに,アパートの中に入るには,カギが必要だ.日本のマン
ションにも,マンションに入るためにカギがある(暗証番号を入
力したり,カギを挿したり,外来者は中にいる人にインターホン
で連絡してあけてもらうとか)場合があるだろう.あれと同じ.
でも,私の住んでいるアパートの場合は,インターホンがないた
め,この建物の中に入るための手段がカギしかないのである.

だから,地元の郵便局員は,このようなタイプの建物内にある
ポスト(つまり各部屋のドアのところ)に郵便を配達する用に,そ
れぞれの建物に入るためのカギを持っているのである.

つまり,Pasilaから来る郵便配達員は,地元の配達員と違いう
ちのアパートに入るためのカギがない上に,私の住まいにはイ
ンターホンなどの設備がないために,届けることができなかっ
たということなのだ.

そういえばうちにはインターホンがないな,と他の家を訪問した
ときに思ったが,まさかこんなことでその無さを痛感するとは.

「EMSはこちらにどの方法よりも早くフィンランドに届くことは確か
ですが,そこから先は…このように遅くなってしまうこともあります」

届いていた郵便物は,親友からのクリスマスプレゼントだった.
わざわざEMSで送ってくれたのに.クリスマスプレゼントだったの
に,お年玉になってしまった上に,今までぜんぜん届かなかった理
由が自分の住む家にもあったなんて…何ともいえず悲しくなり,涙
が出てしまった.

こちらに来て4ヶ月,ようやくなぜEMSが届かないのかという理由も
分かった.そして,ここに住んでいる限りは,EMSはEMSにならない!
ということもはっきり分かったお正月.


vs. 郵便局 7 [荷物]

まさか,このシリーズが年内7回も続くとは夢にも思いませんで
した.が,もう本当に頭にきてるので,年末ですが,書き留めて
おきます.

実は,29日30日とエストニアの友人の家に行ってきたのですが
(そのことについては,またあとで書きます),ヘルシンキからの
船の出発時刻が午後12時30分というわけで,あーそろそろ家を
出ようかな~と思っていた11時ごろ.ガサッという音が玄関でし
たので,行ってみたら,郵便が届いていました.それらは全て私
宛てのもので,いくつかのクリスマスカードに混ざって,また例の
伝票が.しかもEMS.
ダッシュで部屋を出て,郵便配達のおやじに,すいません!
ちょっと,私の荷物は?と聞いたら,
「郵便局にあるよ」
という.
確かに,伝票には,「昨日,おとといと届けにきたけどいなかった」
という記載が.ちょっと,私その時間,家にいたよ!

まあ,ここまでだと,いつもと変わらないのですよ.ええ.

でも,なぜ今回は非常に怒っているのかと,この日の朝,8時半ごろ,
うちのフラットメイトの荷物を私は受け取っていたから!
なんでスペインからの荷物(しかも箱に入っている)のは7階まで持っ
てきて,なんで私の荷物は持ってこないのよ!!!!!!!!!!

下の階の友だちにその話をしたら
「え?箱の荷物を部屋まで持ってきたの?」
と,わたしの荷物が来なかったことには全く同情せず(当たり前なので),
荷物を持ってきた事実に驚いていたけど.

もー!なんで!何であいつ(うちのフラットメイト)の荷物は届けるのに
私のはないのー!

で,急いで郵便局に取りに行ってからエストニアに行こうと思ったけ
ど,もう時間もないので,仕方なく伝票を持って,隣国に行って帰っ
てきたわけですが,

前述の下の階の友人と話してて,もーさー,だから明日郵便局に取
りに行こうと思ってと言ったら,
「月曜日だね,取りに行くの」
は?
あーーーーーーーーーー!明日(31日)って,土曜日じゃん!
土日はあのいまいましい郵便局って休みなんだった!!!!!

というわけで,せっかくEMSでお送りいただいたのに,ぜんぜんExpress
でないことに重ね重ね非常に怒っているわけなのですが,
今回の伝票は,差出人のところが
(Japan)
となっていました.この()ってなによ.まったく.
これじゃあ誰が送ってくれたのかわからないじゃない!

もし,私のご友人で,しかもこのBlogのたびたび見てくださっている
方で,せっかくEMSで荷物を送ったのに,私から何の連絡もない…
とやきもきされている方がいらっしゃいましたら,上記に書いたような
理由で,まだ受け取れておりません.申し訳ございませんが,受け取っ
た際には,即,ご連絡いたしますので,今しばらくお待ちいただきます
よう,お願い申し上げます.

2005年は,本当にフィンランドのPostiにしてやられたりというか,本当
にやられっぱなしでした.ほんと,嫌がらせかもしれない.そんな,疑心
暗鬼な年の暮れでございます.

まったくもー,フィンランドではEMSはぜんぜんEMSじゃないし,もう本当
にもったいないので,今度から何かお送りくださる際は,ふつうの航空便
でお願いします.


vs. 郵便局 6 [荷物]

ちょっと前の話ですが,12月6日は,フィンランドは
独立記念日ということで,お休みでした.

その次の日,7日ですね.その日の朝,学校に行こ
うと部屋を出たところで,郵便配達員に遭遇.おや,
ちょうどいいところに.というわけで,手紙を受け取っ
たわけです.

そして,その次の8日.フラットに戻ると,部屋の前
に伝票が.
また荷物が届いたようです.
EMSで.
いつもだと,日本から送られてきた伝票のうちの1枚
が投函されるので,誰が送ったのかわかるのですが
今回の伝票は,Postiオリジナルで,しかも,差出人
の欄には


「Japan」

って誰だよ!

伝票にぺたんと貼られた「クリスマス前の週末は営業
します!」というシールもなんかいまいましい.

というわけで,例によって近所の郵便局へ.

無事受け取った封筒を見ると,届けた日時が記入され
ていました.
「5日14時40分」
「7日8時24分」

は?ちょっと待った.
私,7日の朝,おっさんにうちの前で会ったけど,何も持っ
てなかったよ!

荷物が投函されたのが3日.もし5日に受け取れていたら,
EMSで送ったかいがあったね!と思うけど,結局受け取
るまで,何日もかかる.本当にPosti社員は「EMS」の意
味を理解しているのか?

もうさー,何度も配達したふりしないで,荷物を持って歩っ
た最初の日にお願いだから伝票を入れてって!


vs. 郵便局 5 [荷物]

先日フィンランドPostiのHPを見ていたら,サイト内にフィードバック
のページがあることが分かり,当然「文句」というのもあったので,
このBlogに日本語で書かず,Postiに言うべきか・・・と一瞬思いまし
たが,やめました.

文句を書こうと思った内容は,こちら.

先日DVDが友人夫妻から届いたという話を書きましたが,その荷
物が出されたのは先週の月曜日.その次の日,つまり火曜日には
うちの母が荷物を送ってくれていました.

というのが分かったのが,今週の月曜日.
伝票がうちに届いていてわかりました.

EMSの番号を例によって追跡してみると・・・
前の週の木曜日に二回配達に来ていたと記録あり.

それならばなぜ次の金曜日に荷物預かってますよと連絡してこない!!!

さらに!EMSなのに!なんでお届けに(取りに行ってるけど)一週間
もかかるんだ!

怒るのもむなしい...
月曜日は,文字通りのひどい嵐の中,近所の郵便局に荷物を取り
に行きました.

あと,昨日初めて荷物をこちらから出してみたのですが,その料金の
高さにめまいがしました.

「重さは4.3キロだけど,このダンボールの大きさだと,10キロの荷物
を送るのと同じことになるね~」
といって,約190ユーロになりますとのこと(といわれた気がした).
え?通常の航空便で?たった4キロほどの荷物なのに!?

というわけで,ダンボールのサイズを変えて,重さベースにしてもらった
のですが,それでもこの値段なの?…と思うほどで.

日本に帰るときに荷物を送り返すのが怖くなりました.


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。